立案-助言者



今日の一人回し。


立案(3)によってサプライのアクションカードの上に廃棄トークンを置いたとき、以降はそれを買うたびに手札を1枚廃棄できます。初手3金で立案を買い、第2ターンにその対象としたアクションカードを買えばデッキは10枚に。つまりそのカードが底に沈むことはありません。

以降、そのカードを繰り返し買うことで、デッキを太らせることなく成長させることができます。さてそれに相応しいカードとは。
たくさん買うということはキャントリップ以上であることが望ましいわけですが、屋敷を廃棄することが大きな意味を持つ助言者(4)だとどうなるでしょう。

  • 初手3-4限定で、第1ターンに立案を買って助言者の山の上に廃棄トークンを乗せ、第2ターンに助言者を買うことで屋敷を1枚廃棄する。
  • 以降、3金で銀貨、4金で助言者(屋敷から優先して廃棄)、6金で金貨、8金で属州を買う。
  • 助言者を打った時の「左隣のプレイヤー」の選択は、金貨>助言者>銀貨>銅貨、の順に優先するものとする。

この手順で、属州4枚買うまで11.6Tと出ました。
やってみるとわかりますが、第4ターンまでに助言者3枚を買ってデッキを助言者3銅貨7とすることで、以降は助言者を打つだけで6金以上が確定します。そうして金貨2枚入れたあとはほぼ毎ターン属州が。