ドミニオンの日々(はてなブログ)

カードゲーム「ドミニオン」について

Footpad(の後半部分)によって変わること

Footpad(強盗、追いはぎ)

アクション-アタック コスト5

 

+2財源

他のプレイヤーは手札が3枚になるまで捨て札する。

---

これを使うゲームでは、あなたがアクションフェイズ中にカードを獲得したとき、+1カード

 

ルールそのものを変えるカード、Footpad(5)の後半部分について考えてみます。何が起こるんでしょうか。

 

 

山札の上にカードを獲得したとき、すぐにそれを手札に引く

つまり実質的に、山札の上でなく手札に獲得する、という効果に変更されます。

  • 役人(4)は手札に銀貨を獲得する
  • 宝の地図(4)で獲得する金貨4枚はすべて手札に入る(!)
  • 開発(3)で獲得するカード2枚はどちらも手札に入る
  • 他のプレイヤーがアクションフェイズ中に属州を獲得したとき、愚者の黄金(2)をリアクションして獲得した金貨は手札に入る
  • 墓暴き(5)での獲得も手札に入る。特に玉座の間(4)などで墓暴きを2回プレイするとき、1回目で廃棄置き場から獲得したコスト5のアクションカードを、2回目で廃棄して属州を獲得できる。
  • 武器庫(4)や工芸家ギルドで獲得するカードは手札に入る
  • その他、何かを獲得したとき、先に望楼(3)でそのカードを山札の上に置けば、それを手札に引ける。

 

アタックによる効果が変わる

  • 魔女(5)や狂信者(5)によって呪いや廃墟を獲得するとき、その都度山札を1枚引く。特に狂信者の連打ではどんどん手札が増える。
  • 一方、偶像(5)で呪いを獲得するときは山札を引かない(アクションフェイズでないため)。魔女の集会(5)でも同様(獲得ではないため)。
  • 拷問人(5)で呪いを獲得するとき、山札を引くため、あわせて手札は2枚増える。
  • 海の妖婆(4)で獲得した呪いや、貪欲で獲得した銅貨は手札に入る。
  • 詐欺師(3)や蛮族(5)で何かカードを廃棄し、代わりに何かのカードを獲得するときも+1カードを得る。

 

その他、気づきにくいこと

  • シャーマン(2)のあるゲームでは、ターン開始時に廃棄置き場からカードを獲得することで手札を1枚増やすことができる。つまり廃棄置き場にカードがない状態で、自ターン中にカードを廃棄することは、相手の次のターンの手札を1枚増やすことを意味する。
  • 操舵手(5)をプレイした後は、毎ターン手札を増やすことができる。複数枚の操舵手があればそれだけ多く。
  • 遠い海岸(6)は屋敷を獲得することで3ドローに、行人(6*)は銀貨を獲得すれば4ドローに。同じく悲劇のヒーロー(5)で財宝カードを獲得すれば4ドローになる。

 

収穫祭&ギルド第二版 全カード+マニュアル公開

一日ずつのプレビューかと思ったら、いきなり全公開されました。

マニュアルはこちら。

https://www.riograndegames.com/wp-content/uploads/2024/02/CornucopiaGuilds.pdf

 

 

以下、1枚ずつご紹介。

 

Carnival(謝肉祭、祭典、ばか騒ぎ)

アクション コスト5

 

あなたの山札から4枚を公開する。異なる名前のカードを1枚ずつ手札に入れ、残りは捨てる。

 

デッキを4枚掘れる・その4枚がバラバラなほど得するという効果は収穫(5)を引き継ぎつつ、その結果は大きく変わりました。

アクションが増えずに山札から見た手札が増えるという意味では地図作り(4)に似てますね。

 

Shop(商店、小売店、専門店)

アクション コスト3

 

+1カード

+1金

あなたの場に出ていないアクションカード1枚を手札から使用してもよい。

 

インプ(2*)やコンクラーベ(4)であった「あなたの場に出ていない~」効果を持つカードがまたひとつ。

よく考えればこの効果、デッキの多様性がテーマである収穫祭に合ってますね。

 

Ferryman(渡船業者、渡船夫、渡し守)

アクション コスト5

 

+2カード

+1アクション

手札を1枚捨てる

---

準備:コスト3または4の、未使用の王国カードを1つ選ぶ。あなたがFerrymanを獲得したとき、それを獲得する。

 

魔女娘(4)のように王国カードが1つ追加されるというものかと思ったんですが、マニュアルによれば違うようです。

  • 「Ferrymanのために選ばれたカード」はFerrymanの獲得によってのみ獲得できる。それ以外の方法ではできない。
  • 「Ferrymanのために選ばれたカード」が分割された山札だった場合、それらも獲得される(コスト3~4でなくても)。

つまり魔女娘における災いカードは「サプライに追加された11番目の王国カード」である一方、「Ferrymanのために選ばれたカード」(これに名前つけなかったのは何故?)はあくまでFerrymanの獲得によって獲得されるだけの、サプライではないカード扱いということのようです。

 

Infirmary(医務室、診療所、病院)

アクション コスト3+

 

+1カード

手札を1枚廃棄してもよい。

---

過払い:過払い1金につき、1回このカードを使用する。

医者(3)の廃棄効果は購入時と使用時の2種類があったわけですが、いずれも選ぶことができず、思うように廃棄が進まないことのあるカードでした。一方このInfirmaryでは過払い効果を「使用する」としたことで一本化し、廃棄の対象も手札とする一方、その前に1ドローを行うことで引き続き、高額の過払いによる大量廃棄も実現しています。いいですね。

(ところで、+1カードを持ちながら+1アクションを持たず、他のアクションカードをプレイさせる効果も持たないカードって、これまでのドミニオンにありましたっけ?図書館跡地くらい?)

 

Farrier(馬医者、蹄鉄職人)

アクション コスト2+

 

+1カード

+1アクション

+1購入

---

過払い:過払い1金につき、このターンの終了時に+1カード

プレイ時の効果自体は青空市場(3)ですが、過払い時効果は次のターンの手札を増やすもの。終盤に4金しか出なかったときなどにワンチャン狙いで、とか。

 

 

Footpad(強盗、追いはぎ)

アクション-アタック コスト5

 

+2財源

他のプレイヤーは手札が3枚になるまで捨て札する。

---

これを使うゲームでは、あなたがアクションフェイズ中にカードを獲得したとき、+1カード

前半だけ読んだら悪党(5)みたいだなと思ったんですが、それより後半です。

カードを獲得する効果を持つカードが一律すべて強くなると思っていいでしょう。特に改築(4)系はこれまで手札が2枚減っていた(手札5枚から改築打つと3枚になる)のが1枚減になるということに。

いろいろ考えることが増えそうですね。

 

Farmhands(農場労働者、農夫)

アクション コスト4

 

+1カード

+2アクション

---

このカードを獲得したとき、手札からアクションカードか財宝カードを脇に置き、次のターンの開始時にそれを使用してもよい。

農村(4)と同じく、ちょっとだけいい村。そしてアクションフェイズ中に財宝カードをプレイする方法がまたひとつ。

マニュアルによれば、脇に置くカードは「表向き」だそうです。

 

Joust(馬上槍試合(?))

アクション コスト5

 

+1カード

+1アクション

+1金

手札から属州を脇に置き、任意のRewardを手札に獲得してもよい。その属州はクリンナップフェイズに捨てる。

(どこの辞書を引いても「馬上槍試合」としか出てこないんですが、ホビージャパンはどう訳すんでしょうか。)

さてまさかまさかの馬上槍試合(4)がアップデート。他のプレイヤーが属州を公開することはできなくなり、公領の獲得もなくなりました。褒賞にあたるRewardも一新。

 

Renown(名声、令名)

アクション-Reward コスト0*

 

+1購入

このターン、カードのコストは2下がる。

(このカードはサプライに置かない。)

この画像では横線の有無で違いがあるように見えますが、すでに王女(0*)は2019年のエラッタで「0金未満にならない」が省略され、かつ2022年のエラッタで横線がなくなったため、テキストは完全に同じです。

 

Courser(駿馬)

アクション-Reward コスト0*

 

2つ異なるものを選ぶ:

  • +2カード
  • +2アクション
  • +2金
  • 銀貨4枚を獲得する

(このカードはサプライに置かない。)

ほぼ同じですが・・あれ?宰相(3)効果をわざわざ外す必要ある?

 

Demesne(占有地、領地、私有地、所有地)

アクション-勝利点-Reward コスト0*

 

+2アクション

+2購入

金貨を獲得する

---

あなたが持つ金貨1枚につき1勝利点

(このカードはサプライに置かない。)

使うほどに価値を増す勝利点カード。

金貨そのものに勝利点としての価値ができるのは悩ましいですね。改築で金貨を属州にするのは相対+5点であるとか、予言者(5)は相対+2点とか・・

 

Huge Turnip(巨大なカブ)

財宝-Reward コスト0*

 

+2財源

あなたが持つ財源1につき+1金

(このカードはサプライに置かない。)

馬上槍試合に勝ったご褒美がカブなの?

それはともかく、ギルドの要素であった財源が収穫祭で使われるようになったのもこのパックならではのことです。他に財源を貯めておく方法があればいきなり大量の金量を出すことも。

 

Housecarl職業軍人、ハスカール)

アクション-Reward コスト0*

 

あなたの場にある、名前の異なるアクションカード1枚につき+1カード

(このカードはサプライに置かない。)

これまで、よく獲得した瞬間に投了されることも多かったあの郎党(0*)がなくなり、代わりに入ったのは恐そうな名前に反してアタックではない、ドローカードでした。

それまでに場にカードを並べているほどドローが増えるという意味では、沼地の小屋(4)のようですね。

 

Coronet(宝冠、小冠)

アクション-財宝-Reward コスト0*

 

手札から、Rewardでないアクションカードを2回使用してもよい。

手札から、Rewardでない財宝カードを2回使用してもよい。

(このカードはサプライに置かない。)

まさかの第6のRewardは、冠(5)の効果を2回使えるような、新たな冠でした。

 

(追記:この6種のReward、2人戦では1枚ずつですが、3人以上では2枚ずつとなるそうです。なるほどこれで8種の王国カード×10枚+それぞれのランダマイザ10枚+Reward12枚で計100枚なんですね。)

 

以上、第二版では王国カード8種と、まさかの褒賞カードの入れ替えという結果となりました。

全体的にかなり面白そうなカードが増え、特に褒賞改めRewardではどれを獲得すべきか、かなり迷いそうです。

 

現場監督+公領公爵

 

簡易更新。

 

現場監督(3)が「コスト5のカードを買う限り残り続ける」というのなら、公領と公爵(5)との相性を考えたくなるのは自然なことですね。

 

  • 初手:現場監督-現場監督。以下現場監督は4枚買う。
  • 以降は、3金で銀貨を、5金出たら公領と公爵を買う。

 

手順はこれだけ。

次第に場に現場監督が残りだし、4枚残ったらあとは銅貨1枚だけプレイすれば5金出るようになります。

 

 

この手順で、公領6公爵3屋敷3の39点になるまで、15.9ターンと出ました。

 

なお、現場監督を4枚でなく5枚とした方が確実になる分遅くなるかなと思ったんですが、平均ターン数は変わりませんでした。

 

岩屋岩屋金貸しループ

f:id:hirotashi-domi:20210901005932j:plain

 

初手岩屋(2)-岩屋については以前も書きましたが、

hirotashi-domi.hatenablog.com

 

 

ここに金貸し(4)を入れるループについて考えてみます。

いきなりですが、手順から。

 

  • 初手:岩屋‐岩屋。
  • 2周目に岩屋が手札に来たら手札4枚を脇に置く。ただし岩屋2枚が同時に来たらそれ以外の3枚を脇に置く。
  • それ以降は金貸しを買い、その後は金貨2枚、その後は属州を買う。

 

この手順で回した時の例を以下に。第3ターンの岩屋で手札4枚を脇に置き、第4ターンの開始時に4ドローしたところから。

 

第4ターン:

場:

手札:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plain

山札:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plain

もう1枚の岩屋で、手札から銅銅屋屋を脇に置き、4金で金貸しを買う。

すると場に岩屋が、脇に銅銅屋屋が残り、捨て札置き場には貸銅銅銅銅岩の6枚が。

 

第4ターンのクリンナップフェイズ、場のカードと手札を捨てたところ

場: 脇:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plain

山札:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plain

捨札:f:id:hirotashi-domi:20210901005932j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plain

このときの山札は2枚、捨て札は6枚。

捨て札6枚をシャッフルし、あわせて8枚の山札の上から5枚を引きます。

 

第4ターンのクリンナップフェイズ、手札5枚を引いたところ

場: 脇:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plain

手札:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210901005932j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plain

山札:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plain

そして第5ターンの開始時、脇に置いた4枚を捨て、山札から4枚を引きます。

このときの山札は3枚しかないため、いま捨てたばかりの4枚をシャッフルしてまた山札を作り、ここから1枚を引くことに。

 

第5ターンの開始時:

場:

手札:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210901005932j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plain

山札:f:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plain

このときの山札の残り3枚は「前ターンで脇に置いた4枚」のうちの3枚であるため、この中には岩屋も金貸しもありません。つまり手札にはそれ以外のカードが来るため、毎ターン岩屋で4枚を脇に置きながら金貸しを打つ、という動きを毎ターン保つことができます。

(※ただし1枚目の金貨を買うときだけは、手札に銅銅銅貸を残して6金を出すために、岩屋で置く枚数を3枚にする必要があるため、確定はしない。)

 

こうして金貸しで銅貨を廃棄しながら何かを買うことを繰り返すため、デッキ総枚数は変わらず、デッキ内の銅貨7枚がなくなるまではこのループが途切れることはありません。

 

この手順で一人回してみたところ、11.1ターンで属州4枚を買えるという結果になりました。うまくいけば岩岩パ貸金金属属属属の10ターンも。

職人+水晶球

f:id:hirotashi-domi:20210903122545j:plain

 

そういえば書いてなかった。

 

職人(6)でコスト5までのカードを獲得するとき、それがアクションカードだと、それをプレイするためにもう1アクションを増やしておく必要があります。そうでなければ山札の上に置くことになりますが、上から4枚がどんな手札であるか知らない状況で何を選べばいいか、選択が難しかったりしませんか。

 

そこで水晶球(5)。プレイするのにアクション権が不要で、かつその水晶球で「当てる」カードも選ぶことができますね。

 

 

考えられる使い方としては、以下のようなものがあります。

 

(1) 1金増やす

f:id:hirotashi-domi:20210903122545j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223155j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223400j:plain

職人で水晶球を獲得し、財宝カードを山札の上に置き、それを水晶球でプレイする。

または廃棄したくない勝利点カードを山札の上に置き、それを水晶球で捨てる。

※上の例で「銀貨獲得→属州を山札に上に置く」としても8金にはなるが、次のターンの手札に属州が入ってしまうため、水晶球獲得の方が優る。

 

(2) 手札廃棄

f:id:hirotashi-domi:20210903122545j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plainf:id:hirotashi-domi:20210903002608j:plain

職人で水晶球を獲得し、呪いなどの廃棄したいカードを山札の上に置き、それを水晶球で廃棄する。

 

(3) 手札のアクションカードをプレイ

f:id:hirotashi-domi:20210903122545j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plainf:id:hirotashi-domi:20210905141649j:plain

手札にアクションカードがあるとき、職人で水晶球を獲得し、そのアクションカードを山札の上に置き、それを水晶球でプレイする。

※職人の代わりにそのアクションカードをプレイするのに比べ+1金増える。

 

(4) アクションカード獲得即プレイ

f:id:hirotashi-domi:20210903122545j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223144j:plain

手札に水晶球があるとき、職人でアクションカードを獲得し、それを山札の上に置いて、それを水晶球でプレイする。

 

(5) 公領獲得即捨て

f:id:hirotashi-domi:20210903122545j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223155j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829223155j:plain

手札に水晶球があり、手札だけで十分な金量があるとき、公領を獲得して山札の上に置き、それを水晶球で捨てる。

 

 

なお、(3)(4)でアクションカードをプレイするとき、それは「購入フェイズ中のアクションカードのプレイ」となるため、その種類によって他の財宝カードを先にプレイしておいた方がいいかどうか、注意が必要です。

 

例えば書庫(5)をプレイするとき・・・

f:id:hirotashi-domi:20210903122545j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222835j:plainf:id:hirotashi-domi:20210829222954j:plainf:id:hirotashi-domi:20210901010111j:plain

水晶球を獲得して書庫を山札の上に置き、先に銅貨2枚をプレイしてから水晶球をプレイすれば、そのときの手札は屋敷1枚だけであるため6ドローとなります。水晶球から先なら4ドローにしかなりません。

 

他にも、望楼(3)、移動動物園(3)、馬商人(4)、よろずや(4)、呪われた村(5)、学者(5)、狩猟小屋(5)、ごますり(2)などをプレイするときには、よく考えてから。

収穫祭&ギルド 第二版のお知らせ

急に来ました。

いつものDominion Strategy Forum から、今日ドナルドがこんな書き込みを。

 

forum.dominionstrategy.com

 

ドナルド:

Cornucopia & Guilds second edition is coming! It's the original two small expansions in one box, with replaced cards like the other second editions. We expect the physical version in mid-March. You will be able to get just the new cards as a 100-card update pack. We expect previews online, possibly from March 11-13. After that we expect the new expansion Rising Sun in April or May; the art for it is still not all in.

収穫祭とギルドの第二版が登場します!
これは2つの小さな拡張を1つの箱に収めたもので、他の第二版と同様にカードが交換されています。
パッケージ版は3月中旬にリリースされ、新規カードのみを100枚アップデートパックとして入手できます。おそらく3月11日から13日までオンラインでプレビューが行われる予定です。その後、4月か5月に新しい拡張 Rising Sun が登場するでしょう。

 

収穫祭とギルドはそれぞれ王国カード13種ずつ含むため、アップデートパックが100枚ということは10種が入れ替えられるのか、あるいはランダマイザも含めているなら9種×11枚+災いを示すカードで100枚・・?

 

そしてその後、もう1点気になる書き込みが。

ドナルド:

All cards in the set will have the same expansion icon. While foreign publishers may continue to publish the originals separately (or in the foreign product that has Cornucopia and Alchemy together), in English they are now one expansion, that happens to be called Cornucopia & Guilds.

セット内のすべてのカードには同じ拡張アイコンが付きます。外国の出版社はオリジナルを別々に(または収穫祭と錬金術が一緒になった海外の製品で)出版し続けるかもしれませんが、英語では現在は1つの拡張版であり、収穫祭&ギルド と呼ばれます。

 

かつては別々のセットだった収穫祭とギルドは(いつのまにか)完全に一本化して扱うということだそうです。つまり収穫祭の第二版とギルドの第二版が出るのではなく、「収穫祭&ギルド」の第二版が出る、と。

 

カメレオン宿屋の主人

http://imgur.com/vQqRu8W.png

 

 

簡易更新。

 

手札5枚のうち、2枚が宿屋の主人(4)だったとします。

f:id:hirotashi-domi:20211006104652j:plainf:id:hirotashi-domi:20211006104652j:plainf:id:hirotashi-domi:20211006104652j:plain

 

これらをカメレオンの習性として打つことを考えます。

1枚目は「+3カード、3枚捨てる」として残り3枚を捨て、2枚目は「+5カード、6枚捨てる」を選べば、それぞれドローする代わりに+3金と+5金が出るので属州が買えます。シンプル。

 

とりあえずこれだけ覚えておいて、うっかり買えたはずの属州を買い逃してしまう、なんてミスを減らしましょう。おわり。

 

 

そして、以下検証です。

 

これをできるだけ早く、できるだけ確実に達成するには、デッキを圧縮するのがいいですね。というわけで礼拝堂(2)を入れて計測してみます。

 

  • 初手:宿屋の主人-礼拝堂。
  • 礼拝堂で銅貨7屋敷3のうち9枚を廃棄することを優先する(残す1枚は銅貨より屋敷の方がよい。以下そうしたと仮定する)。廃棄が終わらないうちに4金出たら宿屋の主人を買ってよい。それ以外のカードは買わない。
  • 廃棄が終わったら、カメレオン宿屋の主人で「+5カード、6枚捨てる」を選んで5金出し、宿屋の主人を買う。
  • デッキが「宿宿宿礼屋」の5枚になったら、上の方法で8金を出し、属州を買う。

 

この手順で、属州4枚を買うまで11.4Tと出ました。早すぎですね。

属州を買いだしてから「宿礼屋属属」のように宿屋の主人が2枚ない手札を引いた時と、廃棄が終わらない間に「銅銅銅屋屋」などの3金以下の手札を引いてパスするターンがあるとだいたい12ターン、なければ11ターンで終わります。

 

一応、廃棄を9枚でなく10枚すべてとし、宿屋の主人を4枚入れるパターンも検証してみましたが、こちらは属州を買いだしてからの事故は減るものの、宿屋の主人の4枚目を買うという1ターンが余計に必要となる分だけ時間がかかり、12.3ターンほどかかることがわかりました。やはり宿屋の主人は3枚の方がいいようです。

 

なお属州を買いだしてから手札に宿屋の主人が3枚ある(つまり山札に宿屋の主人がない)ときは、1枚目の宿屋の主人はカメレオンでなく通常の「+1カード」を選択して山札を減らし、少しでも次のターンの手札を良くしましょう。