寄付+ラクダの隊列

f:id:hirotashi-domi:20210128135649j:plainf:id:hirotashi-domi:20210219113404j:plain



今日の寄付。

という書き出しで始まる記事もこれでいくつ目になるかわかりませんが、劇的に効果のあるようなものはだいたい書いてしまったような気がします。なので今回は、普通の寄付ステロよりはまだマシという程度のものになります。

 


まずはその「普通の寄付ステロ」を先に。手順は以下の通りです。

ターン 行動 デッキ 負債
1 銀貨を購入 銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋銀
2 寄付を購入(銅貨3屋敷3廃棄) 銅銅銅銅銀 4~6
3 (返済) 銅銅銅銅銀 0
4 金貨を購入 銅銅銅銅銀金 0
5

金貨を購入

銅銅銅銅銀金金
6

(8金以上で)寄付を購入(銅貨4廃棄)

銀金金 0
7

属州を購入

銀金金属
8

属州を購入

銀金金属属
9

属州を購入

銀金金属属属

「銀寄パ金金 寄属属属」の手順で9ターン属州3を実現する、というものですが、以前にも書いた通り第6ターンで2回目の寄付を8金で買うためには6/7の確率で8金以上を出す必要があり、これに失敗すると返済にもう1ターンかかってしまいます。

 


一方ラクダの隊列(3)を買う方の手順です。初手4-3か3-4をラクダの隊列-銀貨で始め、寄付は3ターン目に買います。

ターン 行動 デッキ 負債
1 ラクダの隊列を購入 銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋ラ
2 銀貨を購入 銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋ラ銀

0

3

(2~5金で)寄付を購入

(銅貨3屋敷3ラクダの隊列1を廃棄)

銅銅銅銅銀 3~6
4 (返済) 銅銅銅銅銀 0
5

金貨を購入

(追放マットから金貨を捨てる)

銅銅銅銅銀金金
6

(8金以上で)寄付を購入(銅貨4廃棄)

銀金金 0
7

属州を購入

銀金金属
8

属州を購入

銀金金属属
9

属州を購入

銀金金属属属

 

この手順を上と比較すると、以下のような差異があることがわかります。

 

  • 3ターン目の手札にラクダの隊列があるとき、それを打って金貨を追放すれば5ターン目でマットから捨てる金貨が2枚となり、以降のデッキの中の金貨は上の表より1枚多くなる。このとき10ターン目以降に8金以上出る確率が上がる(例えば10ターン目、銀金金属属属から5枚引いて8金以上出る確率は1/2=50%であるが、銀金金金属属属からであれば5/7=71.4%となる)。
  • 通常の寄付ステロと同じく、第6ターンで7金以下を引く(確率1/7)と1ターン足踏みになる。
  • 3ターン目の手札が銅屋屋屋ラの1金であるとき(確率7/792)、負債7を負うため、次のターンで完済できず、1ターン足踏みとなる。
  • 3ターン目の手札が銅銅銅銅銀で6金出たとき(確率35/792)のみ、寄付ではなく金貨を買うことで寄付を2回買う必要がなくなる手順(下記参照)が存在する。これは上より1ターン早くなる。

 

3ターン目で6金出たときの手順:

ターン 行動 デッキ 負債
3

金貨を購入

(追放マットから金貨を捨てる)

銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋ラ銀金金 0
4

寄付を購入

(銅貨7屋敷3ラクダの隊列1を廃棄)

銀金金 5~7
5

(返済)

銀金金
6

属州を購入

銀金金属 0
7

属州を購入

銀金金属属
8

属州を購入

銀金金属属属



以上のことをまとめると、

  • 323/792=40.8%の確率で第3ターンにラクダの隊列が打てるため、通常の寄付ステロより10ターン目以降で有利となる
  • 35/792=4.4%で第3ターンに6金出したとき、通常の寄付ステロより1ターン早くなるため、大きく有利となる
  • 7/792=0.9%で第3ターンに1金しか出ず、通常の寄付ステロより不利となる
  • 残る427/792=53.9%の確率では、通常の寄付ステロと同じ

 

という結果となりました。ラクダの隊列を買った方が少しだけ得、と言えるでしょう。