絶望+寄付

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/4/45/Desperation.jpg/320px-Desperation.jpg

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/4/42/Donate.jpg/320px-Donate.jpg


今日の寄付。

寄付の他に絶望(0)というイベントがあるとき、呪いをもらう代わりに2金を得ることができます。特に寄付を同時に買うとき、その呪いも含めてすぐに廃棄することができるため、事実上寄付は2金値下げされたようなものです。

まずは初手4金の場合。実は8ターン属州3が確定しています。

 

初手4-3:

ターン 購入 デッキ 負債
1 絶望+金貨 銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋金呪 0
2 絶望+寄付(銅貨3屋敷3呪い2廃棄) 銅銅銅銅金 3
3 (負債3を完済して)絶望+金貨 銅銅銅銅金金呪 0
4 絶望+寄付(銅貨4呪い2廃棄) 金金 0~2
5 金貨(買えないなら銀貨) 金金金 0
6 属州 金金金属 0
7 属州 金金金属属 0
8 属州 金金金属属属 0

 

金寄金寄金属属属。

第4ターンの手札が「銅銅銅銅呪」となったときのみ負債2を負うため、第5ターンで金貨が買えなくなりますが、金金金でも金金銀でも第8ターンまでの手順に差はありません。
差が出てくるとしたらそのあと。手札が「金金属属属」なら絶望+属州と買え、「金銀属属属」なら買えない、といった状況になるときでしょう。

 

続いて初手5金の場合です。こちらも8ターン属州3が確定。

初手5-2:

ターン 購入 デッキ 負債
1 絶望+金貨 銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋金呪 0
2 絶望+寄付(銅貨5屋敷3呪い2廃棄) 銅銅金 3~4
3 (完済して)絶望+銀貨 銅銅銀金呪 0
4 金貨 銅銅銀金金呪 0
5 絶望+寄付(銅貨2呪い2廃棄) 銀金金 0
6 属州 銀金金属 0
7 属州 銀金金属属 0
8 属州 銀金金属属属 0

金寄銀金寄属属属。
こちらは上の初手4金と違い、金貨を3枚入れることができません。

(※なお第5ターン、手札だけで8金出るなら絶望を買う必要はありません。)

 

 

 

さて、これらの手順は8ターンまでの行動が確定していますが、次に上げる手順は確定はしないものの、上の方法より早く属州を買いだすことができる可能性があるものになります。


初手4-3、または3-4のとき限定。共通して、4金で「絶望+金貨」、3金で銀貨を買えば、2ターン終了時のデッキは「銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋銀金呪」の13枚となります。


以下、第3ターンで出る金量ごとに分岐。

-第3ターン4金以上の場合:

ターン 購入 デッキ 負債
3 絶望+金貨 銅銅銅銅銅銅銅屋屋屋銀金金呪呪 0
4 絶望+寄付(銅貨7屋敷3呪い3廃棄) 銀金金 0~6
5 (完済) 銀金金 0
6 属州 銀金金属 0
7 属州 銀金金属属 0
8 属州 銀金金属属属 0

 

金銀金寄パ属属属。

第4ターンで何金出るかはわかりませんが、とにかく絶望+寄付と買えばデッキを「金金銀」にできるため、次のターンで完済できます。
なお、もし第4ターンで6金以上出れば負債を負わないため、第5ターンから属州を買いだすことができるため、7ターン属州3が可能になります(金銀金寄属属属)。

 

-第3ターン3金の場合:

ターン 購入 デッキ 負債
3 絶望+寄付(銅貨5屋敷3呪い2廃棄) 銅銅銀金 3
4 (完済して)絶望+金貨 銅銅銀金金呪 0
5 絶望+寄付(銅貨2呪い2廃棄) 銀金金 0
6 属州 銀金金属 0
7 属州 銀金金属属 0
8 属州 銀金金属属属 0

 


-第3ターン2金の場合:

ターン 購入 デッキ 負債
3 絶望+寄付(銅貨4屋敷3呪い2廃棄) 銅銅銅銀金 4
4 (完済して)絶望+金貨 銅銅銅銀金金呪 0
5 (6金以上で)絶望+寄付(銅貨3呪い2廃棄) 銀金金 0
6 属州 銀金金属 0
7 属州 銀金金属属 0
8 属州 銀金金属属属 0

 

金銀寄金寄属属属。 

この2つの手順はほぼ一緒ですが、第4ターンに金貨が買えるようにするため、第3ターンでの寄付で廃棄する銅貨の枚数に差があります。そのため後者のパターンでは第5ターンに6金出ない可能性(確率1/21=4.76%)が生じてしまいます。

 

 

そして第3ターン1金の場合は、残念ながら8ターン属州3を実現できません。おとなしくパスし、上の「第3ターン4金以上の場合」を1ターン遅れで実行するしかないでしょう。