Camel Train 戻れない このまま君を連れ去って

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/1/1a/Camel_Train.jpg/200px-Camel_Train.jpg


簡易更新。

ラクダの隊列(3)というカード、獲得時にまずは1枚金貨を追放し、プレイする度にさらに金貨を追放して溜めていき、その後自力で金貨が買えるようになったら金貨が一気にざらざらっともらえるカード、くらいにしか思ってなかったんですが。実際にはいろんな使い方ができるんだなと。

 

本質的には「いまから獲得するカードを1枚から2枚にする」ことが役割だったんだと気付きました。なんとなく取り替え子(3)に似ているような。

 

  • ラクダの隊列+結婚式(4+3d)、ラクダの隊列+暗躍者(4)

初手3-4をこう買えば、1周目で金貨2枚がデッキに入ります。

 

  • ラクダの隊列+大君主(8d)

1周目でラクダの隊列を買い、2周目でそれを打ってから大君主を買えば、デッキ2周目で大君主2枚が入ります。

 

などなど、買いにくく、数を集めたいカードがあるなら。本当に取り替え子っぽいですね。

 

  • ラクダの隊列+輸送(3)

アクションカードに限りますが、どのカードでもすぐにデッキの上に置くことができます。大市場(6)でもならず者(6)でも、使い魔(3ポ)でも王子(8)でも。
とは言え、実際には初手輸送-輸送と買うことで、好きなアクションカードを第3ターンに打てるんですが。

 

  • ラクダの隊列+ランドマーク

別に欲しくはないけれど、ランドマークの点数のために獲得しなくてはならないカードがあるならば、獲得ではなく追放してしまいましょう。

噴水、博物館、砦、オベリスク、果樹園、宮殿、塔、凱旋門、狼の巣

特に宮殿は、ラクダの隊列で金貨を追放しつつ銀貨を買うか、銀貨を追放しつつラクダの隊列を買うことで+3点相当となるため、いずれも3金出せば3点稼げると覚えておきましょう。
なお「追放」は獲得ではないため、水道橋での財宝カード、汚された神殿でのアクションカードを追放してもVPトークンは動きませんし、そのターンに他のカードを獲得していなければ浴場のVPトークンは得られます。

 

  • 3山枯らしのためのラクダの隊列

コストに制限がないため、高コストカードが枯れそうなときの最後の一歩をラクダの隊列で補うことができます。