移動動物園のメモ書き

最近このブログの更新は文量が多めですが、今回もそこそこあります。でも気持ち的には簡易更新。

 

先日発売になりました新拡張「移動動物園」について、思いついたことを箇条書きで。

 

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/2/21/Sheepdog.jpg/200px-Sheepdog.jpg

・牧羊犬(3)を獲得したとき、手札からそり(2)を捨て、その牧羊犬を手札に入れ、その牧羊犬の獲得に対しその牧羊犬自身をリアクションでプレイすれば+2カードを得られる(牧羊犬の自己言及)。

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/a/ad/Falconer.jpg/200px-Falconer.jpg
鷹匠(5)を獲得したとき、手札からそりを捨て、その鷹匠を手札に入れ、その鷹匠の獲得に対しその鷹匠自身をリアクションでプレイすればコスト5未満のカードを獲得できる(鷹匠の自己言及)。

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/b/bb/Cavalry.jpg/200px-Cavalry.jpg
・第1ターンに4金で騎兵隊(4)を購入したとき、即座に+2カードを引くため、第2ターンの金量は3金とは限らず、2~5金までのいずれかに変わり、かつ騎兵隊をプレイできる可能性も生まれる。

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/1/1a/Camel_Train.jpg/200px-Camel_Train.jpg
ラクダの隊列(3)をプレイして大君主(8d)を追放し、大君主を買うことで、すぐに大君主2枚を獲得できる。

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/9/92/Sleigh.jpg/200px-Sleigh.jpg
・老魔女(5)をプレイされたとき、手札にそりがあれば、これをリアクションして呪いを手札に入れ、即その呪いを廃棄できる。
玉座の間(4)で香具師(5)を2回プレイされたとき、手札にそりがあれば、これをリアクションして1回目の香具師のプレイで獲得した呪いを手札に入れ、2回目のプレイでその呪いを捨てられる。

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/6/62/Stockpile.jpg/200px-Stockpile.jpg
・手札に5金と備蓄品(3)が2枚あるとき、備蓄品を1枚だけプレイして8金で属州を買うより、すべてプレイして11金で属州と備蓄品を買った方が、デッキ内の備蓄品の枚数が2枚増える分だけ得。略奪品(0*)の感覚でプレイすることを躊躇ってしまいがちなので注意。

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/2/24/Wayfarer.jpg/200px-Wayfarer.jpg
・行人(6*)のコストが変化する性質は、安い方が得な時・高い方が得な時とを見極める必要がある。買うなら安くしてから買うべきであり、廃棄するなら高くしてから。玉座の間+肉屋(6)で行人と金貨を廃棄して属州2枚を獲得するならば、先に金貨から廃棄することでコイントークン2枚分得する。

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/f/ff/Goatherd.jpg/200px-Goatherd.jpg

・ヤギ飼い(3)は弟子(5)と違い、手札の廃棄は任意であり、廃棄しなくてもドローは可能。