蛙と横線

すべてのWayに共通したルールとして、アクションカードをプレイしたとき、Wayの方を選択するとそのアクションカードが本来持つ効果は失われますが、横線の下に書かれた効果は失われません。
例えば値切り屋(5)をプレイし、これをWay of the Owlとしたとき、手札が6枚になるまでドローをする代わりに+2金は得られなくなりますが、「購入したカードより安いカードの獲得」効果は残ったままです。

 

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/2/20/Way_of_the_FrogDigital.jpg/320px-Way_of_the_FrogDigital.jpg

さてWay of the Frogです。プレイ時にこちらを選択する(以下「蛙にする」)ことで、プレイしたアクションカードは次のターンの手札に入り、これを繰り返すことで毎ターン打てます。手札にアクションカードが複数あるならそれら全てを蛙にすることで、次第に手札にアクションカードが溜まっていき、いつしか手札5枚がすべてアクションカードに。


もちろんこれは何の効果も生まないわけですが、もしこれらが横線を持つカードなら。その下の効果は得られるわけです。しかも5倍の。

 

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/e/e2/Goons.jpg/200px-Goons.jpg

ならず者(6)
手札5枚がすべてならず者(6)で、これらをすべて蛙にすると、+2金も+1buyも得られませんが、銅貨を買えば5VPが得られます。
これを毎ターン繰り返すことで5点ずつを得ることができます、と言いたいところですが、実際には相手がならず者を普通に打つことでこちらの手札は3枚になり、5枚溜めていても2枚は流されてしまいます。銅貨でデッキが厚くなっている場合、次に5枚揃うのはいつになるやら。

 

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/3/33/Groundskeeper.jpg/200px-Groundskeeper.jpg

庭師(5)
5枚並べて5VPを、と言いたいところですが、5枚の蛙では1金すら出ず、屋敷も買えません。何らかの方法で2金を出す必要があります。+1金トークンを庭師の山の上に置くとか・・・?

 

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/a/af/Merchant_Guild.jpg/200px-Merchant_Guild.jpg

商人ギルド(5)
銅貨を買うことでコイントークン改め財源を5得ます。次のターンでその財源5を使い、公領を買いつつまた財源5を得ることを繰り返せば3点ずつの得点に。
公領が枯れたあとは1枚だけ蛙にせず、屋敷2枚を買えば+10財源。次のターンも商人ギルトとしてのプレイ3枚と蛙にした1枚で属州+屋敷と買って+8財源・・・という感じで。

 

 

http://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/2/29/Highway.jpg/200px-Highway.jpghttp://wiki.dominionstrategy.com/images/thumb/7/77/Bridge_Troll.jpg/200px-Bridge_Troll.jpg

街道(5) 橋の下のトロル(5)
5枚並べれば公領がタダに。