すきよ すきよ Captain

f:id:hirotashi-domi:20190802012933p:plain



先日発表された新プロモカードのCaptain(6)について、さっそく世のドミプレイヤー達がその悪用の仕方を考察しているようです。では自分も。

 


以下思いついたことをダラ書きです。

 

  • 効果を雑に書くなら「2回作用するはみだし者(5)」。はみだし者とは違い持続カードは選べないが、サプライから枯れると選べなくなる点は同じ。
  • 木こり(3)や宰相(3)のような、2金出すアクションカードを2回選ぶだけでも商船(5の働きを、あるいは堀(2)のような2ドローカードを2回選べば船着場(5)のような働きになる。そのようなプランがなくともとりあえず打って、次のターンに手札を見てから決めてよいという点で強い。
  • 「場に出さずに("leaving it there")」とは、自身を動かす効果は得られないという意味。

・祝宴(4)や抑留(2)を選択しても廃棄されない。
・島(4)を選択しても島マットには移動しない。手札1枚は移動する。
・案内人(3)や遠隔地(5)などのリザーブカードを選択しても酒場マットには移動しない(そのためそのカードを獲得するわけではない)。

  • サプライから選ばれたアクションカードは、場には出ないがプレイはされる。工房(3)で自身を獲得することも、Lurker(2)で自身を廃棄することも可(また新たな「自己言及」)。これは上の「自身を動かさない」と矛盾しない。
  • サプライにあるアクションカードは「あなたのカード」ではないので、相続(7)を購入済みであっても屋敷は選択できない。またLanternを持っていてBorder Guard(2)を選択したとき、そのBorder Guardは「あなたの」ではないため、公開する枚数は2枚となる。
  • 「コスト4以下の」「持続でない」アクションカードの種類がサプライに少ないとき、Captainによる選択肢は狭くなる。さらにそれらの山が枯れていくに従ってさらに狭くなるため、持続している間に他家にサプライを枯らされてしまい再建(4)とせざるを得なかった、などの事故には注意。
  • 「自身を動かさない」ため、廃棄・酒場マットへの移動・サプライへの移動をしなくて済む。これにより、祝宴(4)として公領2枚獲得したり、死の荷車(4)として5金を得たり、VPトークンが4個乗っているときの農家の市場(3)として4VPを得たりできる。
  • そして話題の無限プレイについて。

サプライにはみだし者があり、渡し船(3)によりCaptainの上に-2金トークンを置き、さらに橋(4)などで全体のコストを1下げているとき、Captainのコストは3、はみだし者は4である。
このとき、Captainをプレイしてはみだし者を指定し、はみだし者の効果で再びCaptainを指定する、をいくらでも「往復」できる。往復した回数だけ次のターンにCaptainの効果を得るため、サプライに木こりがあれば無限金無限buyを得る。「往復」を終えるには別のカードを指定すればよいが、サプライに指定できるカードがなければこの「往復」を終えることができず、そのままゲームは永久に終わらなくなる。