肉屋考察


肉屋

アクション コスト5

コイントークンを2つ獲得する。
あなたは手札を1枚廃棄し、任意の数のコイントークンを支払ってよい。
手札を廃棄した場合、廃棄したカードのコストに支払ったコイントークンの数を加えたコストまでのカードを獲得する。


カードレビューで公開された5枚の中でも最もお得感があるのが、個人的にはこの肉屋(5)であります。
手札を廃棄しなくても2コイントークンがもらえ、廃棄すれば好きなだけコストアップが可能。つまりこれは2コイントークンもらえる引揚水夫(4)ですね。


さて、ならば高コストのカードをラクに入手しての改築が効果的ということになるわけで。真っ先に思いつくのは行商人(8*)とか、国境の村(6)を買って肉屋を取りつつ、国境の村を廃棄してトークンは使わずにまた国境の村と肉屋を入手してトークンと国境の村を貯めるとか。


しかし最も効率がいいのが、高コストアタックがあるときの従者(2)ではないでしょうか。
例えばサプライに魔女(5)などの5コストアタックがあるとして、肉屋(5)で従者(2)廃棄してコイントークンを払わなければ、コイントークン2枚と、魔女と、そして従者を再び獲得することができます。そしてこの魔女を肉屋で廃棄すれば、トークン2枚もらって3枚払う、差し引き1枚払うだけで属州を獲得できます。


屋敷戦なら序盤は屋敷を従者に変えつつ従者を買い足し、5金で肉屋を買い足すといいでしょう。もちろん圧縮手段があれば更に。